性欲の波を理解する|性欲循環説

大抵の現象には波がある

今日は自然原理のお話なので、少し小難しい内容に仕上がっているかもしれません。

突然ですがマガモは、世の中のほとんどのことには「波」があると思っています。

イメージとしてわかりやすいのは株価や日経平均のチャートです。

株価が高値の時もあれば底値の時もあるように、常に変動しているイメージです。

最近運が悪いな、と感じた場合は、「今マガモの運気は下降トレンドなんだな」と思うようにしています。

悪いことばかりは続かない、とはよく言ったもので、しばらくすると良いことが舞い込んできます。日々の出来事はその繰り返しだと思うのです。

性欲にも波は存在する

さて、タイトルにあるように、すべての現象には波があります。

性欲も例に漏れません

例えばマガモの場合、冬の終わりから春にかけて性欲の上昇を迎えます。初夏あたりまでがピークで、晩夏にかけて減退していきます。

皆さんはどうですか?動物って、春から活動的になるので、性欲と関係するのかな?

なんて考えています。

どれどれ、ちょっとスケジュール帳を見直して、今年のマガモ君の活動をグラフ化してみましょうか。

はい。こんなグラフになりました。身も蓋もないグラフの出来上がりです。

(厳密には去年の10月15日くらいからの推移を見てみました。)

性欲循環説の言いだしっぺですから、自分のことをデータ化して分析してみました。

3月から6月くらいまでは仕事が繁忙期なのにがんばりましたね。今年はアプリやリアルの繋がりでも何人かと会いましたから、デートした回数も多いです。

しかし3月、頑張り過ぎですね。なにかこう、自分と闘っていたんでしょうか(笑)

そして思った通り、やっぱり春~夏は回数が多いですね。もしかしたら仕事の繁忙期と重なってハイな気分になっている影響もあるのかもしれません。もう少し検証が必要です。

しかしこれは、1年というサイクルで見た「中期サイクルの波」なんです。

今日は波の話をしていますが、実は一種類だけではありません。

3つの波として把握する

今日お話している波は、長期的なサイクルの波と、中期的な波と、短期的な波に分けて捉えることが出来るのです。長期だと3~5年サイクルくらいでしょう。これくらい長いスパンで見えてくる傾向もあるし、短期(30日サイクルくらい)での分析も必要です。

超短期サイクルで見ても面白いかもしれませんね。7日間くらいのイメージで。超短期サイクルはオナニーの頻度を参考にするしか算出方法がないかもしれません。

波のサイクルやピークには個人差がある

女性は30代が性欲が増す、という説をご存知ですか?

この説は正しいと思いますか?

結論はNOです。その女性がたまたま30代で波の一番高い時期を迎えたから、という理由にしかなりません。

25歳で波が一番高いところに到達する女性もいるし、28歳で到達する人もいる。だから一概に30代だから性欲が高まるとは言えないのです。

でも原因を探ることは有効ですよ。女性の話を聞いてみると、20代の頃からガンガン遊んでいたり、不倫などをしていた女性は30代から落ち着く傾向があります。こういう人は20代の頃に長期の波がピークに達したのでしょう。反対に、10代20代であまり遊ばずに結婚し、30代になって夫婦仲が悪くなってきた女性は40歳近くなってから若い男の子と遊びまくっている人もいます。開き直って突き抜けて楽しんでいる人が多いので、これはこれで悪くない生き方かもしれませんが、その人の価値観次第でしょうからここでは言及しません。)

つまり、波の高さのピークが何歳の時にやってくるかは、その人の今までの性経験に影響を受けます。いろんな影響を受けた結果、波のピークをどこで迎えるか、という話に尽きるのです。

ちなみにマガモの後輩みなみちゃんは初彼氏、初エッチが19歳、目覚めたのが20歳くらいです。そのままずっと性欲旺盛です。

ちなみにちなみにマガモの先輩羽田くん、初エッチが15歳、結婚は28歳(結婚するまで風俗経験など無し)、離婚は33歳です。離婚前後あたりからストレスで風俗含め性欲に目覚めたパターンです。その後割とすぐに彼女が出来たからとりあえず落ち着きましたけど、性欲に目覚めるのが遅かったパターンなので、ここから遊びだすと危ないでしょうね。

最後にマガモですが、初彼女、初エッチは18歳。22歳まで浮気も一切なく一途でした。別れた原因も浮気ではありません。その後徐々に目覚めました。

「波」の周期が形成される要因は、その人の性体験のスタート時期がいつだったか、によって変わってくるかもしれませんね。まだ仮説ですが。

単純な個人差もあります。4年で1サイクルの人もいれば6年の人もいるでしょう。このあたりのズレは個人差ですから仕方ありません。

性欲は目覚めてしまったら、時間の経過(加齢)以外に完全にコントロールする方法はない

「循環」というくらいですから、このサイクルは基本的に繰り返されます。多少のズレは当然ありますが、性欲は燃えては消えて、消えては燃え、やがて中年以降、老いるまで繰り返すのでしょうね。景気のサイクルと一緒です。景気は7~8年で1サイクル終了するというのが基本です。

性欲に関しては、日本人の感覚だと汚いもの、はしたないもの、恥ずべきものとしてのイメージが強いのは皆さんも感じているのではないでしょうか。

でも、性欲を否定しても、性欲自体は消えません。

だからこそ、波として理解が出来たらどうでしょうか。

自分の性欲を肯定するにしても否定するにしても、

「心の管理」しやすくなるんじゃないでしょうか。

あぁ、今はそういう時期なんだな、という認識があるのとないのとでは大差があります。

予想外のワンナイトをして後日後悔するよりは、よほど理に適っています。

そんなことを考えながら、性欲循環説の序章を締めたいと思います。

仮説段階なので、まだまだ検証と更新が必要です。

また続きは、考える時間が出来た時にでも。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク